《東宮~永遠の記憶に眠る愛~》感想!ネタバレ(なし・あり)壮絶な愛憎劇!主要人物のドラマチックな生き様も必見!

宮廷古装劇,恋愛と策略系

壮絶な愛憎劇のドラマの感想です。男主役の設定、エピソードが独特です。最終話のヒロインも必見!

4.5 東宮~永遠の記憶に眠る愛~(2019)全55話

キャスト チェン・シンシュー、ポン・シャオラン、ウェイ・チェンシャン、他

1話あらすじはこちらです。

スポンサーリンク

ネタバレなし感想

面白かったです!【東宮】は小説が原作で中国で今まで何回もドラマや映画になっている作品とのことですが納得でした。

まずストーリーがとてもドラマチックでした。主要人物たちの人生が壮絶すぎます。私はここまでの愛憎劇を観たことがないなと思いました。愛憎劇が凄いと言うと暗いドラマのように思われるかもしれませんが、ヒロインが快活な子なので楽しいエピソードもけっこうありました。

本当にヒロインが明るくて凛としていました。真っ白な肌で美しくもありました。でもとにかくこのドラマは男主役が色々な面で異彩を放っていたと思います。こんな男主役今まで観たことないなと。ちょっと必見なキャラだなと思いました。(好き嫌いはともかく)

音楽も素敵、衣装も素敵、風景も素敵。中国ドラマの面白さがつまっている作品だと感じました。

スポンサーリンク

ネタバレあり感想

ネタバレあります。ご注意ください。

色々と凄かったです!ヒロインがこんなに男主役を刺したドラマ観たことないです!!(笑)男主役をこんなに憎く感じたドラマも観たことないです!!

小楓が序盤で小五と交流したのってそこまで長い期間ではなかったと思うんですが、記憶を無くして思い出した後も「顧小五」連呼してて、そこまで愛しちゃう?と思いました。「顧小五」言ってるから承ギンもあんなに嫉妬してしまったのでは…。知らせの合図、罠だと思っても来てくれた顧剣のほうが私は普通に好きでした。顧剣はせつない役どころでしたね。最期、アドゥを守った壮絶シーンは泣けました。裴将軍も良かったです。感情を表に出さないけど小楓にもらった腕輪のエピソードとか感情丸見えで可愛かったです。

小楓が豊朝に嫁いだ後、宮殿にいる女子たちに虐められることなく(瑟瑟除く)仲良くしていたのはほのぼのしました。終盤、永娘は止めに来たのではなく路銀を渡そうとしてくれていたのは感動でした。永娘との関係性良かったです。そしてアドゥ…。アドゥがあんな最期になるとは思ってもみませんでした。でも高顕を殺してくれたからこそ、ラストの戦いが収まるように持って行けたんですよね。アドゥは凄いことをしてくれた!

そして小楓の最期…驚きでかなりの衝撃でした。兄と承ギンの目を覚ませるため、西州の民のため戦を止めるために…潔かったですね。ヒロインがこんな結末のドラマ…前代未聞なのでは?

承ギンの話。顧剣に嫉妬して兵士に殺させるときの顔…狂ってました。男主役がこんな酷いことしてこんな表情するドラマ観たことないです。このとき「やめて!(怒)」と本気で腹立ちました。序盤、小五として小楓と接したほんのわずかな時間しか彼の良いシーンはなかったんじゃ…と思えるくらい【胸キュン】できるシーンがなかった男主役でした。ルックスは良いのに…!瑟瑟に「利用していただけだ」と言い放った時、瑟瑟は嫌いなキャラでしたが、さすがに可哀そうになりました…。 ラスト、歳をとった承ギンはまだ小楓を想って生きていると信じているなんて。辛い報いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました