《マイ・ディア・フレンド~恋するコンシェルジュ~》感想!ネタバレ(なし・あり)美男美女の熱い三角関係と不動産業の裏側が興味深い!

熱い三角関係と青春家族もの

この記事はBS12で放送された全30話バージョンの感想になっています。本来よりも話数は少なく編集されていましたが、全然違和感なく楽しめました。

各話あらすじはこちらです。

4.0 マイ・ディア・フレンド~恋するコンシェルジュ~(2019)全48話(BS12版は全30話)

キャスト アンジェラベイビー、ダン・ルン、チュー・イーロン他

スポンサーリンク

ネタバレなし感想

面白かったです。本来なら全48話なのにBS12では全30話!カットしまくりで話が分からなかったらどうしよう…と最初は思いましたが、私は逆にこの短さこのテンポの良さで良かったと思いました。私は現代劇は長くないほうが観やすいし、観ようと思えます。たま~に「ん?」と話の流れがカット部分のせいなのか分からないような気がする部分もありましたが、特に影響は感じませんでした。

このドラマはまずキャストが豪華で魅力的!あの名だたる美女アンジェラベイビーがヒロインで、男一番手が塩顔イケメンの人気者ダンルン。男二番手は正統派イケメンの人気者チュー・イーロン。キャストだけでも興味をひいて見てみたくなるドラマです。

演技面でも良かったです。アンジェラベイビーは心が純粋で思いやりのある温かい女の子ジェンジェンにピッタリ!(表情のバリエーションは少ない気もしますがこの圧倒的に可愛い顔なら許せちゃう)ダンルンは俺様で怒る演技や悪ガキのように笑う表情が何とも可愛らしい。チュー・イーロンは繊細な芸術家肌のジンラン役がピッタリでした。

話も不動産業界を舞台にヒロインと男性陣の恋愛模様や、お客さんに家を売る色々な苦労や感動エピソード、ライバル企業とのいざこざなど見どころ満載でした。私は特に恋愛部分が面白かったです。友情から恋愛に変わっていく姿や、憧れの人とのときめく恋愛。途中、イタリアを舞台に華やかで羨ましいような恋愛エピソードもありました。

スポンサーリンク

ネタバレあり感想

私はイタリアでのジェンジェンとジンランの心の近づき方と帰国後の恋愛関係になるまでが凄く好きでした。大学時代の出会い方からして素敵で、その後SNSで励ましてくれていた気の合う女の子がジェンジェンと知ったときのジンランのシーンも良かったです。ジェンジェンはジンランとくっつかないなら誰とくっつくのくらいの素敵で羨ましいエピソードばかりで、この運命の相手みたいなジンランが男二番手なんて、男一番手のポンチョンはもっと凄い魅力を出さないと負けてしまうくらいに思ってました。

でもジンランのお母さんのバイ夫人の存在と、ジンランとの【結婚】に対する価値観が違うのが露呈してきて…残念な結果になってしまいました。あんなに運命的な恋愛をしてもこうなるんだなと…私は残念に思いました。このあたりから逆にポンチョンの魅力が増していきましたね。落ち込むジェンジェンを慰め見守り、上海の夜景のなか海に向かって「俺は永遠にお前の味方だ!」って叫ぶポンチョンは素敵すぎました。このあたりから私はポンチョン(ハート)になったかな(単純)

【愛の街】企画を信念を持ってやり遂げるポンチョンは賢いし優しいし素敵でした。最後にユンピンを許す度量も良いし(お父さんもユンピン許す優しさすごい)、企画を妨害した白血病のおじさんを通報しないで改心させようとするところも良かったですね。あれよあれよとポンチョンの魅力炸裂でジンランとの恋愛をジェンジェン同様(?)私も忘れていきました(笑)

それにしてもジェンジェンとポンチョンのシーン、たまにアドリブ?って思うくらい楽しそうに言い合っていて、その自然に笑う表情が良かったです。車を運転するポンチョンの前髪をジェンジェンが結んで「やめろ」とか言い合ってるシーンとか、ポンチョン(ダンルン)演技に思えないくらい普段の表情っぽいと感じました。

私は現代物ドラマが全48話だったら観ていなかったと思うので、今回BS12で全30話にしてもらって本当に良かったです。楽しめました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました