《星漢燦爛(せいかんさんらん)》序盤あらすじとキャスト紹介!不憫に育ったヒロインと復讐に生きる将軍のロマンス時代劇

1話あらすじ+キャスト紹介

《星漢燦爛(せいかんさんらん)》全56話 2022(原題:星汉灿烂・月升沧海)の紹介です。

スポンサーリンク

《星漢燦爛(せいかんさんらん)》序盤あらすじ

(※1~6話)

程(チョン)家の四娘子(しじょうし)程少商(チョン・シャオシャン)は程老夫人【躾】のため田舎の別宅に送られ、侍女と暮らしていた。

ある日、程老夫人に命じられた李老婢が別宅にやって来る。この15年ほど外地で国を守ってきた程少商の両親が程家に戻るため、彼女を連れ戻しに来たのだった。程少商は馬車に乗る際、不審な足跡と車内の男の臭いに気づく。

光禄勲副尉(こうろくくんふくい)の凌不疑(リン・ブーイー)は兵器を着服した賊の捜索のため程少商の馬車を止める。程少商は別宅の横にある藁の山を指さし「火でもついたら藁から人が出てくるかも」と教える。凌不疑の配下が藁に火をやると男が慌てて飛び出てくる。男は程少商の大叔父・董倉管だった。


程家でやつれた娘・程少商と対面した両親は娘がろくな食事も与えられていなかったと知る。責められた程老夫人は持病がぶり返したふりをして倒れるが、程少商も負けじと芝居をして倒れる。

そんななか朝廷の命で凌不疑が程家に来る。賊を捕らえられたのは程少商のおかげだと程少商の父に感謝を伝える。程家では程少商が大叔父を捕らえさせたと大騒ぎになる。兵器を着服した身内を訴えて何が悪いと両親はかばうが、弟を売ったと程老夫人は激怒する。

その後、凌不疑のもとに程少商から贈り物が届く。袋の中には藁と布切れが入っていた。凌不疑は葛(ゴー)氏布荘へ向かい、そこで問題のある帳簿を見つける。凌不疑は程少商の【謎かけ】に「面白い」と笑みを浮かべる。


弟の件で落ち込む程老夫人に程少商の父が再婚を勧めると程老夫人は激怒する。それを隠れて見ていた程少商は「夫に戦わせ自分は牙を隠している」と母のことを噂する。それを聞いた母は「娘の身で盗み聞きし悪意ある憶測をした」と程少商の手を定規で叩き、外出禁止にする。母は娘を監督することに決めて書巻を読ませるが、娘が二叔母・葛氏からろくな教育もされず、字も読めないと知り驚く。

程少商は母屋に居座りたい二叔母に【子を出し】に程老夫人を説得することを入れ知恵する。子宝祈願のため母屋で過ごすことを許される二叔母だったが、これは程少商の報復だった。皇帝からの褒美で程少商の両親は新邸に移ることになり、程家の皆も新邸に行くことを喜ぶなか、二叔母は旧家の母屋で過ごせと言われ、悔しさで二叔母は暴れる。


夫と離縁することになった二叔母は、娘(姎姎ヤンヤン)を連れて実家に帰ると言うが、程少商の母はそれを認めず「味わわせてやるわ。あのときお前が道士の名を騙り私に娘を捨てさせたとき、私がどんな思いだったか」と言う。程少商を産んだ当時【禍事から身を守るため母屋の胎児を残せと道士が言っていた】と二叔母が程老夫人に騙ったのだった。

程少商は姎姎と葛舅母と話をした際、飲み物を勧めた行動を母から咎められる。姎姎を差し置いてしゃしゃり出たと。「なぜそんな見方を?私が気に入らないから最も悪意ある憶測で判断する」程少商が反論すると「普段の素行が酷くなければ私も誤解しない」と母は答える。その後、程少商は一人、月を見ながら【愛されもせず疎まれるばかり。他人に期待せず自分を大切にしたほうが自在に生きられる】と思う。


程家の皆は広い新居に引っ越す。そこで兄弟たちと初対面する程少商。母は一緒に暮らすことになった姎姎を褒めてばかりで程少商は落ち込む。

一方、凌不疑は陛下の命で父親・城陽侯の屋敷を訪れる。そこに許婚の裕昌(ユーチャン)郡主がやって来るが、凌不疑は皆の前で「私が求める妻は一目見ただけで分かる。我が生涯で一人だけ。もし出会えねば一生独り身を貫く。裕昌郡主は求める妻ではない」と断言して去る。その後、兵器を着服していた許尽忠が自害した件の捜査で都の灯会へ行く。そこで程家の皆と遊びに来ていた程少商を見つけ、楽しそうにはしゃぐ彼女をじっと見つめる。


程少商は田家酒楼で行われていた灯籠の謎かけに参加する。そこで次々と正解していく袁(ユエン)公子と出会う。彼が多くの灯籠を奪い興を削いだため、新たな謎解きに正解した者には賞品【千里酔】が贈られることになり、程少商は参加し正解する。

その後、田家酒楼の灯籠が燃え火事になる。火柱が程少商を襲った時、凌不疑が駆けつけて彼女を抱き寄せて助け出し…。

スポンサーリンク

序盤の感想

ヒロイン・程少商が程老夫人に当てつけて、病弱を装ったり倒れる芝居をするのが楽しかったです。チャオ・ルースーちゃんの薄目を開けてうかがう表情とか、彼女ならではの演技ですね(笑)。生まれたときから両親と離れ離れになり酷い境遇だったけど、口が達者で利口に育ったのは凄いですね。(母からの遺伝かな)。

お母さんとの関係は観ていて辛くなりました。【親の心子知らず】という言葉を思い出したり。自分で育てて教育できなかった分、それを取り戻すように厳しくしてしまう母の気持ちは分かるけど、姎姎に優しくしすぎでそれはどうかと思いました。程少商が反発してしまう気持ち分かりました。

凌不疑は一目見て程少商のことを【求める妻】だと思ったのかな?袁公子も程少商に興味を持ったようだし(灯籠の謎かけの場にいた他の男子も)今後の恋愛部分が楽しみです!

全話視聴後の感想はこちら

スポンサーリンク

キャスト紹介

凌不疑(リン・ブーイー):ウー・レイ

程少商(チョン・シャオシャン):チャオ・ルースー

袁慎(ユエン・シェン):リー・ユンルイ

1996年8月24日湖北省生まれ 身長182cm 華中科技大学卒業

(出演ドラマ)神隐、西出玉门、余生,请多指教(これから先の恋)、嘉南传(宮廷衛士の花嫁)、他

楼垚(ロウ・ヤオ):ユー・チョンエン

1998年9月21日湖北省武漢市生まれ 身長178cm 中央戯劇学院卒業

(出演ドラマ)今夕何夕(夕月花~三世を駆ける愛~)、亲爱的,热爱的(Go!Go!シンデレラは片想い)、他

三皇子:ガオ・ハン

1996年6月6日湖南省長沙市生まれ AB型 身長181cm 上海戯劇学院電影電視学院卒業

(出演ドラマ)重紫、乐游原、你微笑时很美(Falling Into Your Smile 君の笑顔にメロメロ)、千古玦尘(千古の愛、天上の詩)、医妃难囚(永遠の医妃 愛は千年の時を超えて)、他

太子:ワン・ジュオチョン


コメント

タイトルとURLをコピーしました