《天命~白蛇の伝説~》あらすじと感想(ネタバレなし/あり)キャスト紹介も。人気俳優出演!困難が次々起こる転生ものです。

神仙,ファンタジー,ロマンス系

2017年制作で少し古めの作品ですが、人気のキャストが揃っています。

天命~白蛇の伝説~(2017 全61話) 3.5

(キャスト)ヤン・ズー、アレン・レン、マオ・ズージュン、リウ・シュエイー、リー・マン、カリーナ・ラウ、他

スポンサーリンク

《天命~白蛇の伝説~》あらすじ

はるか昔、九重天(ここのえてん)は仙人、人、妖(あやかし)の三界を統一したが、あらがった妖の王は竜族を率いて反乱を起こした。しかし竜族は九重天に破れて滅び、白帝と青帝の弟子、凌楚(りょうそ)と紫宣(しせん)は輝かしい戦功で名を残した。二帝は二人に千年後に仙界の頂点をかけ戦えと言い渡す。

そんなある日、一向に人の姿に化けられない白蛇は師匠に【紫宣の力を借り、導いてもらえ】と言われ、天界九奚山(くけいざん)に出向き、琴を弾く紫宣と出会う。琴の音に体を揺らす白蛇に紫宣は微笑み、道に迷ったか?と声をかける。そこに凌楚が戦いを挑んでくる。「我々が戦う必要はない」と紫宣は拒むが「師匠らの千年の契りがある。決着をつけよう」と凌楚は引き下がらない。紫宣は仕方なく戦いに応戦するなか、白蛇が剣を伝って凌楚を脅し、戦いは終わる。「白蛇がいなかったら俺が勝ってた。次は白蛇に仕返ししてやる」と言い出す凌楚。「白蛇は関係ないだろ。勝ち負けにこだわらず共に剣術を磨こうではないか」紫宣は言い聞かせる。その後、凌楚は体にある心火の傷を消すには【蛇の心の臓】が効くかもしれないと考え、白蛇を捕まえるが…。

スポンサーリンク

ネタバレなし感想

まず出だしから、白蛇が頭大きくて目が大きくてヤンズーちゃんに似ていて可愛いと思いました(笑)アレン・レン演じる紫宣と白蛇のやり取りが微笑ましかったです。序盤からドラマチックな展開で、白蛇の小白と紫宣の【今後】が気になって、展開に惹きつけられました。脇役カップルの恋愛模様も波乱があって面白かったです。(中盤以降は脇役カップルのほうが良かったかな)

でも全61話と長いせいもありますが、終盤ちょっとダレてしまいました。あくまでも私の場合ですが…なんか設定や概念?みたいなものがよくわからなくて…。前半から中盤くらいまでは面白かったと思います。中盤以降は脇役カップルや悪役の出番が多くて、主役カップルの存在感が少なかったですね。(脇役カップルのエピソードは良かったけど)あと、ネタバレあり感想のほうで書きますが【後だし】設定みたいなときもあって、私の場合は感動や切なさが薄れてしまいました。

パターン違いのエンディングが2種類作られていたのはちょっと驚きました。(60話と61話に分かれてる)でも私はそこまで変わらない印象だったかな?

スポンサーリンク

ネタバレあり感想

ネタバレしてます。ご注意ください。

人間界に転生した紫宣(許宣)と白夭夭のエピソードが良かったです。紫宣とは違ってちょっと性格がひねくれてる許宣(笑)許宣が白夭夭を意識して好きになっていく様子が胸キュンでした。水に落ちた白夭夭の後を追って許宣も落ちたとき、白夭夭に口づけしてもらって(空気を貰ったんだけども)その後、他の者にもするのかと聞いたり(笑)紫宣に嫉妬したり(自分なのに)。許宣と冷凝が結婚すると思った白夭夭が西湖の上の橋で泣いて、そこに許宣が現れてお互いの想いを確認しあうという、このエピソードも良かったです。ドラマチックなときに流れる音楽も素敵でしたね。

斉霄(凌楚)と小青の恋愛も、小青のことを好きなのになかなか認めない斉霄のストイックぶりが良かったです。小青は単なる脇役の蛇の妖かと思っていたら、かなりの出番で驚きました。(知らない女優さんだったし)明るくハキハキしてとても良いキャラでした。

…でも中盤以降、設定や概念が難しくて(?)気持ちが物語に入っていけなくなりました。〇〇命格とか色々な命格が出てきて、それぞれの役割とか意味とかも良く分からなかったし…。命格をはがすとか言われても「はがす?何で?そもそも命格って何?それでどうなるの?」といった感じでキョトンとしてました。運命のようなものだとは分かったんですが…。(説明とか見落としてたのかな…)命格だけでなく、他の設定や概念もよく分かりませんでした。(※私は難しいことが苦手なので他の方は分かるかも?)紫宣が白夭夭のために何かしても「これはどういうこと?」となって、あとから毎回、紫宣がセリフで説明して「ああ…。そうだったの。そんな設定なのね」と理解するという、このパターンの繰り返しに感じて…感動とかが薄れてしまいました。

斬荒も理解しにくいキャラでした。まず、ずっと勘違いで小青に思いを寄せるのが謎で。実力者だろうになぜ真実に気づかない!?間違いに気づいた後はもう紫宣の妻になっている白夭夭に思いを寄せるという…。自分では一途なことを言ってたけど、その思いが伝わってこなくて残念でした。

※このドラマは現在(2021/12)U-NEXTで無料配信中です。(本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)

スポンサーリンク

キャスト紹介

小白・白夭夭 役:ヤン・ズー

白蛇から人間になったとき、歩くのに慣れていなくてフラフラしていたのが可愛かったです。ヤンズーちゃんのプロフィール他はこちら↓

紫宣・許宣 役:アレン・レン

童顔なのが際立っていました(笑)おでこにチュッ♪のシーンが多かったですね。アレン・レンのプロフィール他はこちら↓

凌楚・斉霄 役:マオ・ズージュン

綺麗な顔立ちですね。途中からの髪型も必見です。マオ・ズージュンのプロフィール他はこちら↓

斬荒 役:リウ・シュエイー

この役は他のドラマ(琉璃)のときと少し似てる気がしました(笑)リウ・シュエイーのプロフィール他はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました