《宮廷の茗薇<めいび>》感想!ネタバレなし&あり。甘い恋愛と皇位をめぐる策略が面白い!茗蕙や歌の情報も

恋愛と権力と策略(古装劇)

《宮廷の茗薇(めいび)~時をかける恋》(原題:夢回 全40話) の感想です。(ネタバレなし、あり両バージョン)茗蕙役女優さん(スン・アンコー)のプロフィールや、ドラマの曲など気になった追加情報も載せています!

個人的に私が初めて全話あらすじを書いてみたドラマだったので、めちゃくちゃ思い入れがあるドラマになりました!

4.0 《宮廷の茗薇(めいび)~時をかける恋》(2019)全40回

リー・ランディー、ワン・アンユー、シン・ユンライ、ディン・チャオ、スン・アンコー

スポンサーリンク

《宮廷の茗薇<めいび>》 ネタバレなし感想

面白かったです!よくよく考えると現代と古代(康熙時代)のタイムスリップ設定は荒唐無稽だと思いますが、ドラマなんだしこんなあり得ない話も良いもんだなぁと楽しめました!

そして何よりメインの男性陣3人がイケメン!!優しい顔(十三)濃い顔(四)サッパリ系塩顔(十四)と種類の違ったイケメン皇子達が目の保養でした。この皇子達、顔だけでなく恋愛の仕方も個性が出ていて、そこも面白かったです。

恋愛と策略がちょうどよく入ったお話で、テンポも良くて、1話の中にエピソードが盛りだくさんでした。私は基本恋愛エピソードが好きなんですが、このドラマは策略部分、特に終盤の【誰が皇位につくのか】の部分がとても面白かったです!

ちょっと個人的に残念だったのは、ヒロインの女優さんです。もっと私好みだったら、もっと恋愛部分を楽しめた気がしました。

スポンサーリンク

《宮廷の茗薇<めいび>》 ネタバレあり感想

ネタバレあり注意!】

まずは恋愛面から。ドラマを観る前、十三皇子のワン・アンユーのインタビュー記事でキスシーンのことを話していたので、どんなだろうと楽しみに(?)していましたが…思い出せません!(笑)オデコとかにしていたのは思い出せるんですが…。キスシーンと言えば十四でしたね(笑)まさかちゃんと茗蕙に惹かれていくとは思いませんでした。でも【人のものはいらない】という性格は恋愛でも帝位についても一貫していて良かったです。

逆に四は小薇に未練たらたらでしたが、政治面に関する清廉潔白な立ち居振る舞いは良かったですね。

十三の話す甘い言葉はニヤニヤしてしまいました(笑)小薇とのカップルは見た目も幼い感じでほのぼのカップルって感じで可愛かったです。十三って賢いし優しいし包容力もあって完璧に近いんじゃ?と思いました。他の皇子は欠点とか嫌な部分、ダメな部分が出ていましたが、十三にそんな部分なかった気がします。毒矢のせいで歩けなくなるかもという極限のときも、誰にも当たらなかったですよね。…小薇が羨ましい!!(笑)最後はちょっとハラハラしましたが、二人が現代で出会えて良かったです。(最後の最後まで引っ張りましたね~)髪がある十三も新鮮で素敵でした!!(というかやっぱり髪があるほうが良いな)

そういえば、最終話の皇太子そっくりの彼が小秋にプロポーズしたあのシーンは大笑いでした!!(笑)フラッシュモブって言うんでしたっけ。まさか最終回にこんなのが出て来るとは!(笑)(今ではもう古いんじゃ…?)

策略面について。今一番気になるのは小薇が死んだ理由、みんなは茗蕙のせいだと思っているのかな??です。皇太后(徳妃)が犯人なのに、それについて特に言及がなかったような…。それにしても、すごく都合の良い毒だったな…。

終盤の帝位争いは面白かったです。一体誰が皇帝に!?って、普通のドラマだと史実通りになるわけですが、タイムスリップものだと歴史が変わる可能性もあるので分からないですよね。私は史実を知らなかったので余計に楽しめました!四は十三が側にいなくても、きちんと国を治めていけたかな?きっと十四も助けてくれただろうし大丈夫かな。

茗蕙は、やっぱり母親(義理だけど)の影響が大きかったんだと思います。そう考えると子供時代の育ち方って大事ですね。ニヤッとした口元が不気味な意地悪さを出していたと思いました。最後にはちゃんと改心してくれたのでスッキリ!!現代の十四と茗蕙、美男美女でした!

最終話で小薇が故宮を小高い丘から眺めているときに、私も故宮をこの目で実際見てみたい、この場所に行ってみたいと思いました。今まで観た色々なドラマに故宮はたくさん出てきましたが、現代の立場から故宮をこの観光地みたいな丘から見るシーンは初めてだったのですごく新鮮でした。いつか色々な面で何も心配なく行けたら良いなと思います!

茗蕙 役 スン・アンコー(孫安可)プロフィール

誕生日1998年2月2日 身長168 cm A型 吉林省通化市生まれ  北京電影学院卒業

出演ドラマ 夢回(宮廷の茗薇)、烈火軍校、蓬莱間、倚天屠龙记、殺破狼、悪魔少爷别吻我1・2、他

茗蕙…本当に憎らしくて、最終話まで顔を見るだけで嫌な気分になってました(笑)どんなプロフィールか気になったので調べたらビックリ!!シューカイの《烈火軍校》に出ていたなんて!!(曲曼の姝)

今後、彼女出演のドラマを観るたび茗蕙を思い出してしまいそうなくらい、このドラマでほぼ紅一点で悪役してましたね。

ドラマOST曲について

印象的だった曲について、分かる範囲で調べてみました。

オープニング曲《为你而来》 歌:袁娅维 作詞、作曲:由苏晴 編曲:陈沁扬、刘也(QQ音楽、ワーナーミュージック)

エンディング曲《触摸的气息》歌:刘人语 作詞:孙艾藜、林乔、韩韵心 作曲:由孙艾藜(QQ音楽)

挿入歌《梦她》歌:李鑫一 作詞、作曲:由崔博(QQ音楽)

ドラマチックな歌もドラマを盛り上げていましたね。基本youtubeで検索したら聴けるかと思います。

コメント

  1. ぎわっち より:

    柚子さんこんにちは
    無事?終わりましたね〜
    私もヒロインにケチつけながらも楽しく観てました。
    小薇も現代の姿なら良かったのですが古装がイマイチでした。
    (表彰されるような才能ある設定はちょっと無理を感じましたけど)
    それぞれのカップルの終わり方もよかったです。
    確かに皇太子似と小秋の場面は今さらどうしたって失笑でしたが。
    あちらの時代では四の福晋も闇落ちすることなく立派な正室のままだったし
    初めは嫌な感じだった人たちが最後には協力してくれたりとホッとしました。
    最後に茗薇が徳妃に会いに行って陛下は白檀が苦手だったと話した場面で
    康熙帝を死に追いやったのは実は徳妃だったと示唆してたのかなと思いました。

    茗薇、如懿伝、エイラク、と繋がった時代の3作品を同時視聴して、歴史を変えることは出来なくても
    いろいろな解釈でドラマは作られるのだなあと時代劇の奥深さを感じました。
    10月には若儀も始まるのですね。
    見る前からなんですがニッキー・ウーはイケメンなのでしょうか?(・・;)
    雑誌で見てう〜ん…なんですが。

    柚子さんオススメの2gether、wowow で始まります。
    BLは苦手ですが話数も短いみたいなので視聴決定です。
    ダンルンとベイビーのマイディアフレンドも始まりますね。
    1話目無料で観てから随分経ってしまったような気がしますが仕切り直し。

    時間とHDDがいくらあっても足りない状態で、嬉しい悲鳴です。

    • 柚子(ゆず)柚子(ゆず) より:

      ぎわっちさんこんばんは。小薇、そうですね、現代だとスタイルがごまかせて(?)そこまで気にならなかったですが、古装姿が…ちょっとあれでしたね^^;
      女優さんなのに、自分で映像観てダイエットしようとか思わなかったのかな??と気になったりです。

      陛下が白檀が苦手…のくだり、陛下って四のことかと思ってました。徳妃、四を気に入らなくなったらいつでも殺す準備してたのかなと怖く思ってました。
      (映像消してしまったので確認できないのですが…)どちらにしても徳妃怖いですね。でもエイラクと比べると【宮廷のめいび】は怖さもまだ序の口というか
      優しい陰謀な気もしました。

      重厚なドラマなエイラクや如懿伝(←観ていないのでイメージですが)と、ちょっと軽めな取っ付きやすい茗薇って感じですね。

      ジャクギはニッキーウーもその他の(十四以外の)皇子も茗薇の皇子達と比べると、ちょっと私としては古さを感じます。やはり時代と共に顔立ちもスタイルも変わるんですね。
      一般人でも、今時の子って顔も小さくて足も長くてスタイル良い子が多いと思うので、俳優さんもそうなのかなと。
      ジャクギの中の十四皇子のケニー・リンはカッコイイと思いました。(九皇子のハン・ドンもイケメンだとは思います)

      2gether観ますか!主役のタイン君役は中国イケメン俳優好きでも好きになる顔かと思います。愛嬌あって可愛いです!(中国人だったらすぐさまこのブログのイケメン図鑑にのっけてます。笑)サラワット役は文句ない美形で、こちらのほうが人気ありそうですが、私としてはちょっと濃いめに感じました。(薄めの顔が好きなので)
      話数短いのはポイント高いですよね。これが50話とかだったら私も観てません…。BLと言っても基本コメディテイストで軽めのラブコメかと思います。
      面白くてスイスイ観れました。私の場合好みのイケメンであればBLでも楽しく観れると発見しました(笑)でもイケメンの相手は(好みの)女優さんのほうが良いなという感覚はまだ?あります。

      マイディアフレンド始まりますね。他にも色々観たいもの(観てるもの)があって私も大変な状況です^^;

  2. ぎわっち より:

    ケニー・リン!
    楚喬伝を観てカッコいいって思いました!
    ドラマ自体は残酷な話で始まって途中で挫折してしまいましたが、
    ダンルンも出てたらしいですね。
    ケニー・リンの作品で見たいものがあまり無くてそのうち後から後から
    イケメン登場で忘れてました(笑)
    ハンドンはあちこちでよく見かけました。風中の縁にも出てましたよね。

    タイの言葉をあまり聞いたことがないのでどんなだろうと興味津々です。
    私も美男には美女をお願いしたい方なので2getherはチャレンジかもしれません。
    以前ムエタイの選手に夢中になったことがあるので顔は大丈夫かと思います(笑)

    最近張凌赫という俳優を見つけましたがまだ日本には未上陸でしょうか?
    百度百科など読めないので^^;

    • 柚子(ゆず)柚子(ゆず) より:

      楚喬伝、私も途中まで観ました(途中からYoutubeで視聴できなくなったので^^;)ダンルンも中盤以降かな?出てますね。
      ケニー・リンも古めの顔立ちかなとは思いますがイケメンだと思いますね!ハンドンは私もある時期しょっちゅう見かけてました(笑)
      風中の縁が最初に見たハンドンかもしれません。

      ムエタイの選手ですか!2getherの二人は心配なく美形なのでご安心を!

      張凌赫!!!びっくりしました!最近見かけた中で私が一番カッコイイと思った俳優さんです(笑)ブログに載せようかな~まだ無名すぎるかな~とか
      思ってたところでした。彼は最近中国で放送された《少女大人》で芸能界に正式にデビュー、しかも主役でデビューです。
      その後すぐに《心动的瞬间》が現在放送中(主役)、残りの放送待機中の《我和我的时光少年》も主役という、すごい俳優さんです。
      これらの3作品のみで、日本にも上陸作品はないです。ほかほかの新星なので1997年生まれ、身長188cmくらいしか情報書かれてませんね^^;

      彼を見て、まだ中国俳優界はイケメン隠し持ってるなぁと思っていたところでした(笑)

タイトルとURLをコピーしました