《寵妃の秘密》1・2(中国ドラマ)二重人格ラブコメ。甘くて笑えて突っ込みどころもある楽しさ満載ドラマです!

甘すぎる!?ラブコメ

中国ドラマは韓国ドラマ以上に甘~いラブシーンがある気がします。胸キュンですよ!時々私が思うのは、中国ドラマって徹底してるってことです。時代劇などで残酷なシーンは本当に残酷で(刑罰とか)ラブラブなシーンは徹底してラブラブ。雑な展開があったりするのも中国ドラマならではですが(笑)でもそれさえも中国パワーで許されるような(←私だけ?)楽しめるようなドラマが多いです。《寵妃の秘密》もそんなドラマです。

スポンサーリンク

寵妃の秘密 ~私の中の二人の妃~(双世宠妃)の感想

柔和な性格の娘・曲檀児は、第一皇子・奕懐との結婚がかなわず自殺未遂を起こす。だが、それをきっかけに現代からタイムスリップした女性の心が体に入り込み、彼女の中に柔和な性格の曲檀児と、野蛮な性格の曲小檀が共生する突発性二重人格になってしまう。

https://video.unext.jp/

寵妃の秘密 ~私の中の二人の妃~(双世宠妃)(2017年)全18話

リャン・ジェイ、シンジャオリン、ワンルイチャン

まず設定が面白いです。現代のヒロインが古代にタイムスリップ!なおかつ古代の姫の体の中に人格が入り込み二重人格状態に!っていうファンタジーラブ史劇です。二重人格設定からくるエピソードで、ちょくちょくヒロインの言動が笑えます。

ヒロインは可愛いんですが男主役があまりカッコ良くないのが最初は気になりましたが、背が高いし個性があって良いのかもと思うようになりました。終盤の展開はさすが中国といった感じで驚きますが(笑)全体的に面白い作品だと思います。

今回久しぶりにこのドラマを少し見たとき、オープニング曲を聴いた瞬間から視聴当時の感覚が蘇ってきました。ワクワク感がじっとりやってくるような曲です。

ネタバレあり感想

ヒロインの小檀が離縁状を書いてもらいたいがために、男主役(連城)と床を共にするって決意するとき「自分の体じゃないからいいか」って思うのが笑えました。逆に翌朝、檀児に人格が戻ってショックで自殺をしようとする…っていう二人の性格の落差が楽しいドラマです。

ヒロイン(小檀と檀児)は文でお互いのやり取りをし、色々な展開の中、友情が芽生えたのに檀児が消えてしまって悲しくなりました。それにしても終盤の奕懐はメイクが怖かったです。本当に悪党!って感じに見えました。

鎮魂珠をめぐるストーリーは予測不能で、ラストは空間のひずみにヒロインが吸い込まれて連城と離れ離れになってしまうという驚きの展開。小檀は無事?現代に戻ってくるわけですが…。

今までのことは夢?ってヒロイン共々少し思ってしまいましたが、すぐにダサイ現代人の洋服を着て短髪の姿をした連城登場!二人は夢の中のような花畑の空間を背景に抱き合って…終わりです。

本当に中国ドラマらしいドラマだったと思います(笑)ラストが特に。このわけわからない予想外の展開が楽しいといえば楽しいんですが(笑)連城…どうやってこんなすぐに現代に来れたの?なんで現代人の格好になっているの?なんでそんなに恰好がダサく見えるの?…突っ込みどころ満載です。でも考えるより感じろっていうことかもしれません。楽しめればいいんだと思います!

スポンサーリンク

寵妃の秘密2 ~愛は時空を超えて~(双世宠妃Ⅱ)の感想

寵妃の秘密2 ~愛は時空を超えて~(双世宠妃Ⅱ)(2019年)全22話

リャン・ジェイ、シンジャオリン、ワンルイチャン

再び東岳国を訪れた曲小檀は、墨連城の記憶をなくし、自分の運命も知らない普通の女の子になっていた。小檀との思い出を持つ連城は、自分を覚えていない小檀に苦しむ。小檀と再び愛しあえるよう、彼女の記憶を呼び起こすべく、連城の奮闘が始まる。

https://video.unext.jp/

続編のほうが面白いって珍しいです。結構トンデモ展開なんですが、ありそうでなかったような気がします。「そんな無茶な…(笑)」って突っ込みどころ満載過ぎる部分もあるんですが、中国ドラマだから許せちゃうし、そんな部分も面白いです(笑)ついニヤニヤしながら観てしまうドラマだと思います。キスシーンがめちゃ多いのも見どころです(笑)

この作品は最初、YouTubeで日本語字幕なしで観たので、きちんと把握できてない部分もあったのに、それでも面白かったのがすごいです!本当に面白いドラマってそういうものかもしれないなといつも思っています。(なんとなく観てても面白いというか)

ネタバレあり感想

墨連城がなんと現代に来て、髪の毛が短く現代の服を着てる姿がまず笑えました。そしてスマホを駆使していたり、車の運転まで見様見まねでできるようになっているのが笑えました!(笑)こういうところが中国ドラマすごいなって思う部分です(笑)

そしてこの墨連城がヒロインを追って現代から東岳国に戻ってきて、東岳国に元から存在している自分と未来(現代)から来た自分という二人の自分が存在するようになるっていう展開も楽しめました。それが恋のライバルになり、最後は友情のようなものまで芽生え…

墨連城が消えたときはとても悲しくなりました。でもこの時代に元から存在する殿下(自分)を追い出すわけにもいかないし、この時代にいてはいけないのは墨連城(自分)。ヒロインの気持ちを思うと泣けました。でも、魂を殿下とつなげて二人が一人になって…本当に良かったです。ハッピーエンド!

第一皇子は最後可哀そうでした。本当の曲小檀は彼のために身を投げていたなんて…。

最後の最後、鎮魂珠の主がヒロインと連城の子供になってしまい、パート3に続くって感じの終わり方でしたが…。次回作が楽しみです。またコメディ要素たっぷりの面白いラブコメになるのかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました