《花不棄〈カフキ〉運命の姫と仮面の王子》の感想!波乱万丈なヒロインの恋愛が楽しい!最終回は衝撃的です。

恋愛と権力と策略(古装劇)

【蘭陵王】のヒロインで有名なアリエル・リンと【永遠の桃花】出演のイケメン、チャン・ビンビン主演のドラマの感想です。胸キュンラブ史劇!…と言いたいところですが、終盤は中国ドラマ特有の展開(!?)意外性のあるドラマでした。

スポンサーリンク

花不棄〈カフキ〉あらすじ

聡明な少女・花不棄は、育ての親の九おじさんと流浪の人生を送ってきた。ある時、花不棄は皇帝の甥・陳煜を利用して都へ行こうと考えるが、謎の刺客におじさんを殺されてしまう。悲しみに沈む花不棄を救ったのは、仮面を付けた正体不明の義侠・蓮衣客だった。

https://video.unext.jp/browse/genre/MNU0000134/MNU0000751?td=SID0044454

4.0 花不棄〈カフキ〉運命の姫と仮面の王子(2018)全51話

出演者 アリエル・リン、チャン・ビンビン、リン・ボーホン、クリス・スン、シン・オン他

スポンサーリンク

ネタバレなし感想

序盤はヒロイン(アリエル・リン)の可愛さがとても印象的でした。撮影時は36歳くらいかな?本当に若く見えます!!チャン・ビンビンと十歳差があるなんて思えませんでした。 犬のマネしたシーンなんてキュートすぎでしたね。チャン・ビンビンは優しそうな笑顔が素敵でした。東方炻役の俳優さんは初めて見ましたが、イケメンとは言えないかもしれないけど個性的で愛嬌ある顔だと思いました。

ストーリーはヒロインが波乱万丈!色々な展開が楽しめました。陳煜と東方炻による花不棄の取り合いシーンが結構多くてちょっと長いと感じるときもありましたが笑えました。今までのドラマで見たことないような設定のキャラもいたり、脇役も個性豊かでした。

終盤に入るまでは楽しいシーンも多くて色々なキャラの恋愛を楽しめて、胸キュンラブ史劇と言える感じでしたが、終盤すぎ…特に最終回は驚きの展開で唖然とする場面が多々ありました。嘘でしょ…って何度も思いました。「この展開…中国ドラマっぽい!」と久しぶりに感じたドラマでした(笑) でも全体的に言えば悪くはないと思います。(私はリタイアしなかったですし)意外性があって普通に楽しんで観ることができるドラマかなと思いました。

ネタバレあり感想

※ネタバレ注意!

まずは最終回の話を…。予想外に皆死んでいってビックリ仰天でした!!こんなにいきなり死なす必要ある!?ってくらい皆死にましたね。ここまで周りの登場人物が死ぬドラマって私は観た記憶がないです。次から次へと死んでいくので悲しむ暇もないくらいで、今まで色々楽しかったエピソードたちは何だったんだろう…と思いました。

東方炻が砂漠で唇真っ赤になった大爆笑シーンや、どんどん男らしくなり本来の女姿になったときは男が女装してるようにしか見えなかった莫若菲とか(笑)他にも色々印象的なシーンがあって楽しく見ていたんですが…。

【碧羅天の宝を得たものが天下を得る】とかいう言い伝えって一体何だったんだろうって見終わった今すごく思います。 聖女を得ようとしたものが自滅したという感じで、結局天下を得るために必要だったとは思えない…。そんな言い伝えのために皆死んじゃったのかと思うと、なんともやるせません。

陳煜までまさか死なないよね?と思いながら最後まで観ていたので、最後に出てきてホッとしたんですが、どうやって生きてこられたの…??と気になってしまいました。まぁ最後にセリフや映像で説明するのも野暮かもしれませんね。

ネタバレなし感想のほうでも書きましたが、基本全体的に楽しめたドラマだったんですが(特に前半の蓮衣客と花不棄のエピソードとか)最終回が予想外で衝撃でしたね。もっと違う展開だったら良かったのに…と思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました