《クロスファイア》あらすじと感想(ネタバレなし/あり)キャスト紹介!eスポーツにかける情熱に感動!青春SFサスペンス

ラブミステリー,サスペンス,軍隊系

eスポーツのプロ選手を目指す若者たちが主役のSFサスペンスものです。(※2024/1現在wowow他で観れます)

クロスファイア(2020年 全36話 原題:穿越火线)4.5

(キャスト)ルハン、ウー・レイ、ダイ・ルーワー、ソン・イェンフェイ、リウ・シュワイリアン、他

スポンサーリンク

《クロスファイア》あらすじ

2019年。ネット対戦ゲームの400人の訓練生の中から10人が決勝戦に進む。現在の一位は【KING】こと孫奇(スン・チー)。2位は【NORTH】こと路小北(ルー・シャオべイ)。優勝者は引力(インリー)社と契約できるのだった。

路小北はゲーム会場で深夜2時まで練習する。途中、昔の思い出が浮かぶ。ゲーム【クロスファイア】をする兄に「やってみるか?」と言われ、教えてもらった幼い頃の自分…。その後、我に返った路小北は練習を終わらせ、車椅子に乗って会場を出る。

翌日の決勝戦。KINGを倒した路小北は(リャン)リーダーに呼ばれ、大人しく負けるように言われる。引力社はKINGと契約を結ぶつもりでいた。負ければ控えにしてあげると言われるが、路小北は言うことを聞かず優勝する。結果、路小北は試合中に不正を行ったとでっち上げられ【どのクラブとも契約できない。プロになる夢は諦めることね】と梁リーダーに言われる。

路小北が家に帰ると、父にパソコンを取り上げられ【明日から高3になる。そろそろ勉強に身を入れろ。ゲームでは食っていけんぞ】とたしなめられるが「俺の人生だ。失敗しても責任を持つ。俺はeスポーツの選手になる」と言い返す。

その夜、路小北は兄の古いノートパソコンが引き出しにしまってあることを思い出し、それでゲームを始める。


一方、2008年25歳肖楓(シャオ・フォン)は親友の許蔚(シュー・ウェイ)から電話を受け、自転車で出かける。道中、元彼女と出くわす。「いつまで遊んで暮らす気?仕事を見つけなきゃ」「知らないのか?ゲーマーは将来プロの職業と認められる。俺は夢を持って生きてるんだ」「少しでも現実的な夢にしなさい」「何とでも言え。時間が証明するさ」肖楓は言い返す。

その後、肖楓は【1(イー)コイン】と名付けたゲームチームの仲間と合流し、ネットカフェに向かう。そこで目の前の席の男たちと対戦し、勝利した肖楓たちは賞金としてお金を貰う。そのお金で串焼き屋で食事をしてる最中、肖楓は「クロスファイアの全国リーグがある。賞金は数万元だ」と仲間に話す。しかし、浮かない顔の麒麟(チーリン)と猴子(ホウズー)。「ゲームはもうやめる」と言う彼らに許蔚は怒る。

肖楓は「今はつらくてもいつか報われる。大会で優勝すればスポンサーがついて収入を得られる」と説得するが「夢を見るな。優勝しても盛り上がるのはその時だけさ」と彼らは言う。「分かった。いつも通りコインだ。3回表が出たら全員残れ」「コインになんか従わない」みんなで喧嘩になる。その後、全員警察に連れて行かれ、警官に「もういい年だろう?ゲームなどやめてちゃんと働け。将来どうするんだ」と説教される。

その夜、肖楓は家に戻るとゲームを始める。すると周囲の電灯が点滅し、ゲームの中で敵と味方として路小北と出会う


その後、ゲーム画面が乱れる。お互い相手の声が聞こえ、誰だ?と言い合う。画面が消え、不具合でも起きたのかと二人は話し出す。路小北は名前を名乗り、肖楓も名前を伝える。すると路小北は怒りだす。「冗談はほどほどにしろよ。肖楓の名前はゲーム界では神話だぞ。クロスファイアの初代勝者かつ最優秀狙撃手だ。あまり大物の名前を騙るなよ」「まさか俺にそんな実力があるとはな。全国リーグにはまだエントリーしてないぞ」「新聞の見出しを覚えてる。肖楓のチームが全国リーグで優勝と、劉翔選手がオリンピックでレースを棄権」「レースは始まってもいないぞ」「冗談はよせ。もう11年も前のことだろ」言い合う二人。

肖楓は路小北に日付を確かめてみろと言う。「2019年8月17日土曜日だ。問題あるか?」答える路小北。「大問題だ。パソコンよりお前の頭のほうがまずい。病院で診てもらえ。今日は2008年8月17日だ」。二人は時空を超えて出会っていた…。

スポンサーリンク

ネタバレなし感想

このドラマ、期待以上に面白かったです。最初、私はeスポーツのことは全然知らないし、興味もなかったので(←オンラインゲームさえしたことない)ゲームばかりしてる青年たち(練習なんだけど)に良い印象を持ちませんでした。でも、視聴していくうちにそれは払拭されていきました。eスポーツは野球やサッカーのような他のプロスポーツと変わらない世界なんですね。(プロになるのは大変だけど、スポンサーや大会の賞金で稼げる)。

5人でひとチームなのでチームワークも大事だし(補欠もいる)、引き抜きや脱退などもあったり、濃い人間関係のなかで生まれる友情や愛情がとても見応えありました。キャラもそれぞれ個性があり魅力的でした。

それだけでなく、このドラマの一番のポイントは主役二人の【時空を超えた】関係で、そこにSF的な要素やサスペンス的な要素もあって、かなり個性的ではありましたが見応えありました。私は特にサスペンス的な部分に感情をかなり動かされ、【悪】のキャラに対して、はらわたが煮えくり返り…こんなに憎しみの感情が沸き起こるキャラは久しぶりだと思いました。(私のドラマ鑑賞で一年に一人レベル)。

2008年と2019年の物語の流れ、関係、結果、それぞれが面白くてスリリングで楽しめました。

スポンサーリンク

ネタバレあり感想1

※ネタバレしてます。ご注意ください。

ゲームを通して2008年の肖楓と2019年の路小北が話すことが出来るというSF的要素から始まるドラマでしたが、それだけで終わらないのが凄いと思いました。予想外の展開に驚かされ、想像以上の感動を味わうことができました。

まずは、路小北と兄の交通事故。兄の死を回避するために路小北は2008年の肖楓に場所や日時を知らせて事故を回避できるように頼みましたが、無理だったときはショックでした。事故現場を回避できたときは、良かった!!!って思ったのに…まさかその直後、別の場所で事故が起きてしまうなんて…。そして、その事故の犯人は許蔚だったなんて…!!これには驚きました。

許蔚…。想像以上の【悪】で、憎らしくて憎らしくて…。悪への第一歩はゲームに勝つための不正でしたが、それに留まらず…。事故の際、逃げずにきちんと救急車を呼んでほしかったです。しかも11年も警察は犯人の目星さえ付けられずに、許蔚はのうのうと生きていたなんて…。これだけでも許せないのに、真実を知った肖楓に自首を勧められたら殺そうとするって…!!(親友だよね…?)。許蔚によって肖楓の精神がゲーム内に閉じ込められてしまうという、このSF的展開は予想できず、引き込まれました。

スポンサーリンク

ネタバレあり感想2

2019年の路小北の世界で1コインの仲間たちが登場するたびに嬉しくなりました。特に女たらしで酷いことをした麒麟が髪を切ってちゃんとした大人になっていたときは驚きました。でも肖楓はなかなか登場せず…物語が進むにつれて、まさか死んでるんじゃ…殺されてるんじゃ…と怖くなりました。案の定、許蔚が殺していたなんて…!!でも、路小北が2008年の安藍に経緯を伝え、彼女が駆けつけた結果、肖楓は死を免れ…。植物状態になってしまったけど、生への希望が持ててホッとしました。このへん本当にハラハラ手に汗を握りました。

路小北がゲーム内の肖楓の精神を助けに行く展開もハラハラでした。今度は路小北が死んでしまうのではないかと怖かったんですが、無事生還して良かったです。そして肖楓が目覚め、11年待っていた安藍との再会シーンは泣けました。肖楓と路小北が2019年の現実世界で再会したのも感動でした。

クロスファイア・プロリーグ決勝戦で路小北のチームが優勝!仲間たちの間でも色々大変なことがあったけど、感動感激の瞬間でした。そして、肖楓が路小北のチームのコーチになり、KINGも加入して(←これテンション上がった!)世界大会では準優勝。路小北は暴漢(許蔚の指示)によって手を負傷させられてしまったけど大健闘でした!(涙)。逆に優勝ではない結末なのが良かったと思いました。その後のいっそうの頑張りにつながるし、実際その後何年も優勝したと描かれていましたね。それにしても許蔚…(怒)。何なのこの男ーーーー!!!(怒)私は怒りまくりでした。最後は警察に追われる途中で事故死。この男が肖楓の親友だったのが信じられません。

ネタバレあり感想3

このドラマは【自分の個性、適正】で勝負する大切さも描いていて、そのへんとても納得し感動する部分でした。自分が得意な分野で輝けば良いんですよね。チームの皆がチーム内で1番になれなくても、それぞれに秀でた能力があり、必要な存在だと分かっていく展開は感動でした。

その他。路小北の爽やかな恋愛と、肖楓のちょっと大人な恋愛。それぞれ良かったです。蘇佳意と王凱の恋愛も見応えありました。SFサスペンスだけでなく、ゲームにかける青春、友情、恋愛、感動がいっぱいのドラマでした。私は肖楓役のルハンの演技を観るのが初めてだったんですが、顔は可愛らしいけど、こういう男らしい自然な役が似合っていて驚きました。凄く良かったです。

キャスト紹介

肖楓:ルハン

1990年4月20日北京市海淀区生まれ O型 身長178cm 体重約58.9kg

2008年に韓国に留学。延世大学韓国語学校で韓国語を学び、韓国語能力試験に合格。2009年にソウル芸術大学に入学し音楽芸術学科で学ぶ。韓国留学中に明洞で買い物をしていたところ、韓国SMエンターテインメントにスカウトされ練習生になる。2012年4月韓国のボーイズグループEXO/EXO-Mのメンバーとして正式にデビュー。2014年10月EXOを脱退。

(出演ドラマ)在劫难逃(逃れられない運命-在劫難逃-)、甜蜜暴击(スウィートコンバット〜恋の接近戦〜)、择天记(擇天記〜宿命の美少年〜)、他

路小北:ウー・レイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました