《唐人街探偵-DETECTIVE CHINATOWN-》感想!ネタバレなしとあり。人気映画のスピンオフ!予想外の展開が凄いドラマ。

ラブミステリー,サスペンス系

人気中国映画「唐人街探偵」のスピンオフドラマです。最近ではこの映画のシリーズ3作目「唐人街探偵東京MISSON」(妻夫木聡、長澤まさみ出演)も公開されています。

唐人街探偵-DETECTIVE CHINATOWN-(2020年 全13話)原題:唐人街探案4.0

キャスト 林黙(リン・モー)役:邱澤(ロイ・チウ)、アイビー役:張鈞甯(チャン・チュンニン)、陸菁菁(ルー・ジンジン)役:程瀟(チェン・シャオ)、野田昊二 役:陳哲遠(チェン・ジョーユエン)、薩莎(サーシャ)役:張芸上(チャン・イーシャン)、他

スポンサーリンク

唐人街探偵-DETECTIVE CHINATOWN-

タイのバンコクで、ある女性が姿の見えない何者かに線路に突き落とされる事件が発生する。彼女は突き落とされる前、念仏を唱える声が聞こえたという。その3日前、マンションから飛び降りた女性もまた生前、念仏が聞こえていた。警察はこの奇妙な事件の捜査を唐仁(タン・レン)探偵事務所に依頼する。だが唐仁が不在であったため弟子である林黙(リン・モー)が担当することに。林黙は警察本部から派遣されたサーシャと共に、その驚異的な嗅覚と冷静な分析力により事件の裏に隠された核心に迫り、真犯人を追い詰めていく。

https://www.twellv.co.jp/program/china/detective-chinatown/
スポンサーリンク

ネタバレなし感想

面白かったです!私は映画版を観たことがないんですが、映画版も観たくなりました。林黙(リン・モー)役の邱澤(ロイ・チウ)さん、このドラマで初めて見ましたがカッコいいですね!ワイルドなルックスが良かったです。ちなみにこのドラマ版では映画版の妻夫木聡さん演じる野田昊の弟の野田昊二として陳哲遠(チェン・ジョーユエン)が出演しています。(日中ハーフ役かな?)チェン・ジョーユエン君もカッコよかった!彼の紹介記事はこちら

このドラマは全13話のうち1~4話、5~9話、10~13話と3つのエピソードに分かれていて、それぞれ雰囲気が違います。(出演者もちょっと違う)私は5~9話のお話がダントツ面白かったし好きでした。1~4話も設定が少し凝った推理サスペンスもので普通に面白かったですが、5話から急に私好みのお話が始まり(恋愛部分が好み)目が釘付けになりました。登場人物や話の展開が予測不能でとても面白かったです。

10話からはかなり違った設定とお話になりちょっと戸惑いましたが(笑)壮大な展開で面白く観終わることが出来ました。

スポンサーリンク

ネタバレあり感想

ネタバレありです。ご注意ください。

私が一番面白かった5~9話の感想をメインに書きます。リン・モーとアイビーの出会いのシーンから惹きつけられました。まさかワイルドな風貌だけど硬派な感じもあるリン・モーが彼女を見て鼻血を出すなんて!!(笑)しかも彼女から漂っていた香水の名が【一目惚れ】って!(笑)こういう恋愛的展開大好きです。本当にアイビー役の女優さん美しかったです。

アイビーの心の中が読めなくて、話が進むごとに「これ本当のこと?嘘?」と疑いながら観ていました。リン・モーがアイビーを意識しだしてる様子(シャワーシーンやベッド別のシーンとか)や、リン・モーがすっかりアイビーを愛してしまったけど、彼女を信じきれないところとか、男女の愛の危うさみたいなものにとても引き込まれました。亡くなった富豪の旦那の遺産を放棄することで、大切な人に信じてもらいたいとアイビーが言った展開は驚きました。あんな大金いらないの!?嘘でしょうと。アイビーは本当にリン・モーを大切な人と思っていて、スマイルに利用された可哀想な人なの…?とリン・モーと同様私も信じかけたのに…実は妊娠していて遺産はお腹の中の子供が相続するなんて!予想外だったし、スマイルを背後から操っていたのはアイビーだったと分かったときはショックでした。結局アイビーはお金が目的でリン・モーを大切な人と言ったのは噓だったっていうこと?(颯爽と飛行機でいなくなってたし)リン・モーを少しも愛してなかったの?女って怖い…。このアイビーというキャラがとても見応えありましたね。あとQって組織?も気になります!

10~13話の話を。いきなりネットゲームの世界の話でドラマが別になったようでした。しかもリン・モーがもう出てこないとは…。(びっくり!)最初は話に入っていけず…でも【罪人を捜せ】という展開から面白くなりました。本当に現実で人が亡くなっていってると思ったら、実は違ったという驚きのラストで捻りがあって良かったです。アージーを殺した犯人がコーチというのも終盤まで分かりませんでした。依頼主のお母さんにアージーが生きていて旅行中と言ったのは優しい嘘でしたね。最後にまさかのリウ・ハオラン君が登場して驚きました。(映画版に出ているからゲストなんですね)得した気分になりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました