《ナイショの契約婚~パパはロマンス中!?~》序盤あらすじとキャスト紹介!子供のために?可愛く楽しい契約結婚ラブコメ!

1話あらすじ+キャスト紹介

《ナイショの契約婚~パパはロマンス中!?~》の序盤あらすじ(1~4話)とキャスト紹介です。(2021 全24話 原題:贺先生的恋恋不忘)

スポンサーリンク

《ナイショの契約婚》序盤あらすじ

第1話【殴られる社長】

ホー氏グループの社長で億万長者ホー・チアオイエンは【既婚で隠し子がいる】という噂があったが、隠し子ではなく自分が保護者だと記者会見で発表する。

暴れん坊の天才児ホー・ウェイフェイことシャオバオは父・チアオイエンの事務所でパソコンを投げたりご機嫌斜め。やっと来た父に【遅刻だぞ】と書かれたカードを見せる。医師を呼べとチアオイエンは言うが、10分前に辞任したと秘書は答える。別の医師を探せとチアオイエンは命じる。

その後、チアオイエンは子供を連れて表彰式のあるホテルに行く。式前にライブ放送の予定があると言われ、ライブ配信用の部屋に行く。シャオバオはこっそり部屋から抜け出し、チアオイエンと秘書はいなくなったシャオバオを探す。

その頃、凄腕の児童心療内科医師チン・イーユエは元恋人ジョウ・ズーヤンが賞を取ったとネットニュースで知り「私が書いた論文よ」と怒って表彰式の会場へ向かう。


シャオバオは1階に行き、飾ってあった父のポスターパネルを持って歩く。従業員に囲まれたため奇声をあげて逃げたとき、カートにぶつかりそうになる。イーユエがそれを助け、奇声を発するシャオバオを抱きしめてなだめる。カバンから【パパ】というカードを出したシャオバオに「パパと喧嘩を?プレゼントをあげるからポスターを返してあげて」と自分のバッグから小さなぬいぐるみとハンカチを出して渡す。その後、秘書がシャオバオを見つけ、チン・イーユエは去る。

チアオイエンはホテルのドアを開けて子供の名を呼んで探す。その姿を見たイーユエは、元恋人だと勘違いして彼の頭をバッグで殴る。「寝る間も惜しんであの論文を書き上げたのよ」何度もバッグで彼を殴る。「人違いだ」チアオイエンは言うが聞いてもらえない。「証拠を提示して私が本当の筆者だと証明してみせる。ホー社長がバカでなければ表彰を撤回するはず」こう言った直後、チアオイエンは部屋の電気をつける。

イーユエは人違いだと気づくが、チアオイエンのネクタイピンに髪が引っ掛かってしまい、二人はベッドに倒れそうになる。このとき二人が抱き合うようにしているその様子がライブ配信されていた。イーユエはハサミで髪を切って部屋から出ていき、チアオイエンは床に落ちていたスマホを拾う。その後、表彰式でチアオイエンは先ほどの女の言葉を思いだし「受賞者はいない」と言って去る。


チアオイエンが家に戻るとシャオバオの専属医師候補の履歴書ファイルが置かれていた。そのなかに先ほどの女がいたためそのファイルをゴミ箱に捨てる。その夜、チアオイエンは「帰ってこい、戻れ、行くな」と夢にうなされる。大破した車にいる自分と子供を連れて去る女性の姿の夢だった。

翌朝。友人の御曹司ウェン・グーがライブの女は誰かと聞いてくる。ライブ配信の件を知ったチアオイエンは「株価への影響を早急に抑えなければ」と心配する。

普段より一時間半も長く寝ているシャオバオを変だと思うチアオイエン。シャオバオの手元には家のものではないハンカチがあった。その後、シャオバオは病院に連れていかれる。そこで医師であるイーユエと再会し、騒いでいたシャオバオは静かになる。そしてチアオイエンとイーユエも再会し…。

第2話【息子の誕生日】

チアオイエンは昨日のライブ配信は罠かとイーユエに問いただし、私だって巻き込まれて損したわとイーユエは言い返す。チアオイエンがシャオバオを連れて帰ろうとするとシャオバオは【友達になりたい】と書かれたカードを出す。そして【彼女が好き】と書かれたカードとハンカチを出して、イーユエの顔モニターを指さす。

シャオバオはイーユエを専属医師にしたいと文字で訴え、チアオイエンはシャオバオの意見を尊重しようと考える。メールや電話をイーユエに無視されたため、チアオイエンは病院へ行って彼女に手付金を見せる。イーユエは失礼ねと拒否する。その後、チアオイエンは彼女の家の前で待ち伏せる。すると、女性が男たちに襲われる場面に出くわし、イーユエが助けに入る。チアオイエンも助けに入り、腕を怪我する。治療してくれたイーユエに「あなたを助けたからそのお返しについて話し合おう」と提案すると、イーユエは飴を渡して去る。

その後、チアオイエンはケーキを作る。【成功を祈ります。ホー・チアオイエン】と書かれたメッセージとケーキを見たイーユエは微笑む。その夜、彼女はバスルームで停電にあい、風邪をひいてしまう。


次の日。イーユエはシャオバオの誕生日が明後日だと気づき、何が欲しいかと聞く。シャオバオはおもちゃの車同士をぶつけ、不安定な様子になる。チアオイエンは「5年前の誕生日に私たちは家族を失った。あれからPTSDによってシャオバオは話さなくなった」と教える。イーユエはシャオバオを助けたいと思う。

チアオイエンは、専属医師を引き受けてくれるまでは短期契約の形をとると言ってイーユエに契約書を渡しサインを求める。イーユエは【支払いは火鍋で】と契約書に書く。この後二人で週末の誕生会の準備をする。その帰り、チアオイエンは車で寝てしまったイーユエの腕に会社の新製品のチューラブ腕輪をつける。

次の日。チアオイエンの腕についたペアのチューラブ腕輪に【発熱】と知らせが来る。「体調が悪い?」イーユエに電話すると彼女は驚く。その夜、チアオイエンは電話に出ないイーユエを心配して家に行く。彼女は浴槽でぐったりしていた。玄関のドアが開かない為、チアオイエンは推測した彼女の誕生日の数字を入力して鍵を解除し…。

第3話【突然の婚約】

チアオイエンはバスルームに駆け込むが、イーユエは倒れてしまう。翌朝。イーユエが起きると隣にはシャオバオが寝ていた。チアオイエンはおかゆを用意し、昨夜は汚い部屋を片付けていたのだった。「着替えもあなたが?全て見たってこと?」イーユエが聞くと、チアオイエンは「実際の体重は履歴書より3.5キロオーバーしてる」と答え、イーユエは怒る。

イーユエはシャオバオに誕生日を台無しにしたことを謝り「代わりに欲しいものを一つ言って」と言うと、シャオバオは【僕のママになって】と書く。「それは冗談で言っちゃだめよ」とイーユエは咎めるが、シャオバオはニコニコしたまま。「分かったわ。叶えてあげる。じゃあママと言ってみてね」条件を出すがシャオバオは声に出すことができなかった。その夜【ママが欲しい】とシャオバオはチアオイエンに文字で訴える。「声を出してチン先生に頼むしかない」とチアオイエンは答える。


シャオバオはウェン・グーにアドバイスを求める。ウェン・グーは「チン先生とパパに愛を深めてもらうには二人だけの時間を作ってあげよう」と提案し、シャオバオは計画を立てる。二人を密室脱出ゲームやホラーゲームに参加させるが上手くいかず、最終ミッションとして森へ向かう。途中シャオバオは姿を消してウェン・グーと合流する。チアオイエンとイーユエはいなくなったシャオバオを探し回る。池にシャオバオの帽子が浮いていて、イーユエは池に助けに入るがシャオバオはいなかった。スマホにシャオバオとウェン・グーの写真が送られてきて無事が分かる。

車を置いていた場所にテント類が置かれていて、チアオイエンとイーユエは山で二人で過ごすことになる。仕事は大変だけど子供が私の手を握りニコッと笑ってくれたらすべての疲れが一瞬で消えてしまうと話すイーユエ。チアオイエンは「シャオバオの母親になってくれる?」と聞くが「子供の言うことよ。それにあの子には本当の母親がいる」とイーユエに言われる。


医学棟ビルの落成式の日。イーユエの元彼ズーヤンの恋人の院長令嬢イエ・チンはマイクで「先輩が勇気を出して過去と決別していなかったらホー社長との熱愛報道もなかったはずです。今後お二人の新生活に祝福を捧げたいと思います」とイーユエに嫌がらせを言う。出席者はざわつき「あの二人は本当にそういう関係?」「顔は良いが打算的な女だ」と噂しだす。そんななかチアオイエンが登場し「この場を借りて説明します。ネットの噂はウソです。私たちは恋愛関係ではありません」と言い放つ。皆はいっそうざわつくが、チアオイエンは続けて「これ以上私のプロポーズを断るな」とイーユエの指に指輪をはめて口づけし…。

第4話【消えた指輪】

実はチアオイエンは唇と唇の間に親指を挟んで唇がくっつかないようにしていた。普段は傲慢そうに見えるけど意外と紳士的ねとイーユエは思う。その後、イーユエはバスタブで指輪を飛ばして失くしてしまう。10カラット以上のダイヤで弁償できないと焦る。

病院にイーユエ館と看板をつけたチアオイエン。こんなことをしたら本当に結婚すると思われると心配するイーユエに「キスはウソでもプロポーズは本当だ。私に本気になるのが怖いのか?」と聞く。「あなたなんか死んでも好きにならないわ」こう答えるイーユエに「私はビジネスマン。シャオバオは最重要な顧客だ。彼の欲しいものは必ず手に入れる」と言う。

シャオバオとウェン・グーに「患者のために継母になるなんて」とイエ・チンが嫌がらせを言う。怒ったシャオバオはウェン・グーと共謀してイエ・チンの頭の上にケーキが落ちるよう操作する。直後にズーヤンも一緒にクリームまみれになり、二人は病院のシャワー室でクリームを落とす。その隙に服を盗み困らせると、イーユエのせいだとイエ・チンは決めつけて怒る。その夜。チアオイエンはシャオバオに、チン先生に逆に迷惑をかけてしまったぞと注意すると【ママを守りたい】とシャオバオは書く。


イーユエは木の上にいる猫を見つける。助けてあげようと登る際、チューラブ腕輪が地面に落ち、チアオイエンの元に警告の知らせが届く。イーユエが猫と一緒に木から落ちたとき、男性が抱きとめてくれる。大学時代の先輩、ニン・ファンだった。チアオイエンは電話してもイーユエにつながらないため家へ急ぐが、彼女は不在だった。

その後、チアオイエンが車の中にいると、イーユエと男が歩いているのを見かける。「恋愛運が悪い。元カレの次がホー・チアオイエン。変な人ばかり」と話すイーユエにチアオイエンは怒って二人の前に出る。「この方は?」チアオイエンは男のことを聞く。ニン・ファンは自己紹介して手を差し出すが、チアオイエンは指先だけ握手する。「婚約者を送ってくれてありがとう」とニン・ファンにお礼を言った後、イーユエに「言動を慎め。シャオバオの母親として他の男とは距離を取れ」と強く言う。会社に戻ったチアオイエンはイーユエのことを思い出し、胸が痛むのを感じるが、酸欠性の痛みだと判断する。


イーユエは病院の職員に「あの女は男を利用して出世したんでしょ」と影口を言われる。そこに現れたチアオイエンはイーユエの経歴を話した後「診察人数は3年間で院内トップ。二度とあの女と言うな。妻の名はチン・イーユエだ。私を利用するどころかいつもそばで力になってくれる存在だ」と言い放ち、ネットの中傷やデマも消してくれる。見事に反論して見直したわ、とイーユエは嬉しそうに微笑み…。

スポンサーリンク

感想

楽しいラブコメですね。気軽に観れて内容も分かりやすくて、期待していた以上に面白いと思いました。シャオバオのお母さんがいなくなった経緯がまだよくわからないので気になります。(事故で亡くなったってこと?)。シャオバオが言葉を話せるようになるのはいつかな?きっと感動的なんだろうな~とか今から期待しています。それにしてもシャオバオ役の子が可愛い!!寝顔なんて特にキュンとしてしまいました。チアオイエン役のウェイ・ジャーミンも優しそうな雰囲気のイケメンで素敵ですね。このあとの展開も楽しみです!

※全話視聴後の感想記事はこちらです。

スポンサーリンク

キャスト紹介

ホー・チアオイエン役:ウェイ・ジャーミン

チン・イーユエ役:フー・イーシュエン

1995年1月31日南省昭通市生まれ 体重45kg

(出演ドラマ)恰似故人归(馭鮫記(ぎょこうき)後編:月に愛を誓う)、与君初相识(馭鮫記(ぎょこうき)前編:月に君を想う)、离人心上(太陽と月の秘密~離人心上~)、亲爱的义祁君(親愛なる君主様)、天机十二宫(天機十二宮~陰謀と2つの愛~)、我在大理寺当宠物(ご主人様はツンデレ殿下)、他

シャオバオ役:スン・スーチェン

2016年6月11日北京市生まれ

(出演ドラマ)遇见你之后、月落书院、他(出演映画)急先锋

2020年映画《急先锋》で芸能界入り。2021年ドラマ《贺先生的恋恋不忘》(ナイショの契約婚)で愛奇芸国際站Q賞【今年の娯楽盛典最優秀新人俳優賞】獲得。

ニン・ファン役:ウー・チョンシュエン


コメント

タイトルとURLをコピーしました